高校生インタビュー No.1

大学生活動であるてんむす広報。

普段は紙面でもホームページでも大学生に取材をすることが多いけど、今回は未来の大学生年代ラボっ子である高校生にインタビュー!

 

 

うた、質問ありがとう!

まず、大学生活動には二種類あります。

【支部活動】と【自主活動】って呼ばれていて、成り立ちが違うの。

 

【支部活動】は、中学生ひろばや高校生ひろばのように、必ず毎年ある活動。

 例:コーチ会議、大学生ひろば、てんむすひろば

 

【自主活動】は、年度ごとにその活動を立ち上げたい大学生が提案をして、始められる活動。

 例:てんむす広報、COLLEGE SHIP

 

これらの活動が具体的にどんなことをしているのかは、2016年4月号の7UPに載っているのでここから見てみてね!

 

ここからは、大学生2人の「なんのためにたくさんの大学生活動があるのか?」についての考えをご紹介♪

 

大学3年生 R

なんのためにたくさんの大学生活動があるか、それはラボの魅力をたくさんの人に伝えるためだと思います。

 

大学生になるまでにいろいろな経験をして知って感じたラボの好きなところ。それを、テーマ活動を舞台の上で見せること、キャンプをつくること、一緒にテーマ活動をすること、紙やHPで言葉にすること、いろいろな方法で伝えているの。

「これが私のやってきたものだー!」

「ラボってこんなに面白くて、こんなに楽しいんだよ!」

 

メンバーが意識をしていなくても、伝わる場合もあると思う。

だから私は、大学生活動はラボの魅力をたくさんの人に伝えるためにあると最近考えているよ。

 

大学4年生 ライナス

大学 何のために大学生活動があるのかか。

これは活動をしている大学生達もよく考えたりすることだね。

 

俺は活動や行う人たちによってその内容は変わってくるのかなって思う。

例えば、今年度コーチ会議が行なっているシニアメイト研修は 「シニアメイトがどんな場でもリーダーシップを発揮できるようになるため」にやっているよ。このために、毎週集まって会議をする。

COLLEGE SHIPも、テーマ活動の魅力をたくさんの人に知ってほしいから、テーマ活動をやってるんじゃないかな?

 

俺が活動を始めた理由は「自分が成長したいから」っていう漠然としたものだったなぁ。けど今は、それと同時にこれが伝えたい!っていう想いがあるよ。

活動を始める理由はどんな理由でもいいと思う。けど、やっている中で「わたしはこれが伝えたいからやっている!」と、自信を持って言えたら最高だね。

 

そう考えると「大学生がやりたいこと、伝えたいことを見つける」というのも、大学生活動の意義なのかもしれないね。

 

高校生インタビュー、第2回もお楽しみに♪

【担当:R】

中部支部大学生年代活動 てんむす広報

@chubu7up

無料@アクセスカウンター

7UP広報誌ダウンロード

 

 ダウンロードサイトへ